食中毒予防・防汚・防カビ・消臭・脱臭・アレルゲン対策に!

光触媒コーティングのメリット

o-157もノロウィルスも大腸菌も撃退します!

食中毒予防に!

光触媒コーティングTio2は、食中毒の原因となる大腸菌群やレジオネラ菌、黄色ブドウ球菌などにも抗菌効果があります。
ノロウィルスや院内感染の問題となるMRSA、カビなどを分解除去、抑制します。

光触媒に使われている二酸化チタンは、太陽光や蛍光灯の光で、水や酸素と反応し、OHラジカルなどの活性酸素を作ります。
この活性酸素が接触してくる有機化合物や細菌等の有害物質を分解し除去します。

赤ちゃんやお子様にも安全で、抗菌効果は食虫毒の予防対策にも向いています。

光触媒のしくみ
黄色ブドウ球菌99.3%分解除菌
99%超の抗菌・抗ウィルス力

大腸菌とは
グラム陰性の桿菌で通性嫌気性菌に属し、環境中に存在するバクテリアの主要な種の一つである。この菌は腸内細菌でもあり、温血動物(鳥類、哺乳類)の消化管内、特にヒトなどの場合大腸に生息する。アルファベットで短縮表記でE. coliとすることがある(詳しくは#学名を参照のこと)。大きさは通常短軸0.4-0.7μm、長軸2.0-4.0μmだが、長軸が短くなり球形に近いものもいる。
レジオネラ菌とは
レジオネラ属に属する真正細菌の総称であり、グラム陰性の桿菌。レジオネラ肺炎(在郷軍人病)等多くのレジオネラ症を引き起こす種を含む。少なくとも46の種と、70の血清型が知られている。通性細胞内寄生性菌である。
黄色ブドウ球菌とは
ヒトや動物の皮膚、消化管(腸)常在菌(腸内細菌)であるブドウ球菌の一つ。ヒトの膿瘍等の様々な表皮感染症や食中毒、また肺炎、髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌でもある。学名はStaphylococcus aureus(スタフィロコッカス・アウレウス)。属名StaphylococcusのStaphylo-は「ブドウの房状の」、coccusは「球菌」の意であり、種小名aureusは「黄金色の」を意味する(金の元素記号や、オーロラなどと同じ語源)。
MRSAとは
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(メチシリンたいせいおうしょくブドウきゅうきん、Methicillin-resistant Staphylococcus aureus、MRSA)とは、抗生物質メチシリンに対する薬剤耐性を獲得した黄色ブドウ球菌の意味であるが、実際は多くの抗生物質に耐性を示す多剤耐性菌である。
二酸化チタンとは
酸化チタン(IV)(さんかチタン よん、英: titanium(IV) oxide)は組成式 TiO2、式量79.9の無機化合物。チタンの酸化物で、二酸化チタン(英: titanium dioxide)や、単に酸化チタン(英: titanium oxide)、およびチタニア(英: titania)とも呼ばれる。天然には金紅石(正方晶系)、鋭錐石(正方晶系)、板チタン石(斜方晶系)の主成分として産出する無色の固体で光電効果を持つ金属酸化物。屈折率はダイヤモンドよりも高い。
OHラジカルとは
ヒドロキシルラジカル (hydroxyl radical) はヒドロキシ基(水酸基)に対応するラジカルである。•OH と表される。いわゆる活性酸素と呼ばれる分子種のなかでは最も反応性が高く、最も酸化力が強い。糖質やタンパク質や脂質などあらゆる物質と反応する。しかし、その反応性の高さゆえ通常の環境下では長時間存在することはできず、生成後速やかに消滅する。過酸化水素への紫外線の照射や、酸性条件で過酸化水素と二価の鉄化合物を触媒的に反応させる方法(フェントン反応)によって生成される。人体からヒドロキシルラジカルを除去する物質にはベータカロチン、ビタミンE、尿酸、リノール酸、システイン、フラボノイド、グルタチオンなど抗酸化物質がある。OHラジカルは、パナソニック、ダイキン、シャープなど数社が各種空気清浄機などにおいて有害物質除去に働いていると主張している。

様々な雑菌や汚れやカビを分解し再付着も防ぎます。

防菌・防汚・防カビ

光触媒コーティングTio2では、ナノテクノロジー(超微粒子化技術)でコロイド状の超微粒子に加工しているため、鏡やガラス、プラスチックや木製品、そして陶器や布に至るまで、細かい隙間に付着します。

付着した後の耐久性も向上しており、タバコのヤニや油煙、水垢、花粉などの汚れを付きにくくし、汚れても落ちやすくします。
また、二酸化チタンが作る活性酸素が細菌等の有害物質を分解し除去する効果や、銀イオンが酵素に反応し細菌の機能を失わせ繁殖を防ぐ機能が、カビの発生や増殖を防ぎます。汚れを防ぐだけでなく、防カビ対策にも向いています。

光触媒のしくみ
チョコレートの原料にも使用される二酸化チタン
舐めても安心

ナノテクノロジー(超微粒子化技術)とは
ナノテクノロジー (nanotechnology) は、物質をナノメートル (nm、1 nm = 10-9m)の領域すなわち原子や分子のスケールにおいて、自在に制御する技術のことである。ナノテクと略される。そのようなスケールで新素材を開発したり、そのようなスケールのデバイスを開発する。ナノテクノロジーは非常に範囲が広く、半導体素子を分子セルフアセンブリ法という全く新たなアプローチで製造することや、ナノスケールのナノ素材と呼ばれる新素材を開発することまで様々な技術を含む。2001年にアメリカのクリントン大統領がナノテクを国家的戦略研究目標としたことから、日本でも多くの予算が配分されるようになり、現在最も活発な科学技術研究分野のひとつとなっている。いまだに一部の新素材やコンピュータのプロセッサに応用されている程度の段階だが、将来はこの技術によりナノサイズのロボットで治療を行ったり、さらには自己増殖能を持たせて建築に利用することができるようになると予想されている。21世紀をかけて大きく発展する分野と考えられている。ナノテクノロジーの将来については議論もある。ナノテクノロジーによって様々な便利な新素材やデバイスが生まれることが期待される一方で、環境や人体への影響が懸念されている[1]。また世界経済への影響やナノマシンが制御不能となる危険性なども懸念されている。このため、ナノテクノロジーに対する特別な規制の要否についても議論が続いている。
二酸化チタンとは
酸化チタン(IV)(さんかチタン よん、英: titanium(IV) oxide)は組成式 TiO2、式量79.9の無機化合物。チタンの酸化物で、二酸化チタン(英: titanium dioxide)や、単に酸化チタン(英: titanium oxide)、およびチタニア(英: titania)とも呼ばれる。天然には金紅石(正方晶系)、鋭錐石(正方晶系)、板チタン石(斜方晶系)の主成分として産出する無色の固体で光電効果を持つ金属酸化物。屈折率はダイヤモンドよりも高い。
活性酸素とは
活性酸素(かっせいさんそ、英: Reactive Oxygen Species、ROS)は、大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称である[1]。一般的にスーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4種類とされる[1]。活性酸素は、酸素分子が不対電子を捕獲することによってスーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、という順に生成する[2]。スーパーオキシドは酸素分子から生成される最初の還元体であり、他の活性酸素の前駆体であり、生体にとって重要な役割を持つ一酸化窒素と反応してその作用を消滅させる[3]。活性酸素の中でもヒドロキシルラジカルはきわめて反応性が高いラジカルであり、活性酸素による多くの生体損傷はヒドロキシルラジカルによるものとされている[4]。過酸化水素の反応性はそれほど高くなく、生体温度では安定しているが金属イオンや光により容易に分解してヒドロキシルラジカルを生成する[5]。活性酸素は1 日に細胞あたり約10 億個発生し、これに対して生体の活性酸素消去能力(抗酸化機能)が働くものの活性酸素は細胞内のDNAを損傷し,平常の生活でもDNA 損傷の数は細胞あたり一日数万から数10 万個になるがこのDNA 損傷はすぐに修復される(DNA修復)[6]。

嫌なニオイの代表格であるアンモニアもきっちり分解

消臭・脱臭

室内では、壁や天井、カーテンなどに付着するタバコのヤニ、そのヤニから発生する臭い、ペットの臭いや汚物から発生する臭い、色々な臭いに悩まされます。

この臭いの空間に、光触媒コーティングTio2を施せば、この臭いを分解するだけでなく、素材への臭いの吸着を抑制します。
アンモニアやシックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドやトルエンなども分解し、抑制します。

時間が経つほどに効果を発揮するので、防臭効果が持続します。
すぐに無くなってしまう市販の消臭剤と異なり、コーティングなので、長期間の防臭対策にも向いています。

光触媒のしくみ
アンモニア99.8%分解
ホルムアルデヒド99.6%分解
臭気ガス分解性能
消臭・脱臭

アンモニアとは
アンモニア (ammonia) は分子式が NH3 で表される無機化合物。常温常圧では無色の気体で、特有の強い刺激臭を持つ。水に良く溶けるため、水溶液(アンモニア水)として使用されることも多い。化学工業では最も基礎的な窒素源としてきわめて重要。塩基の程度は水酸化ナトリウムより弱い。窒素原子上の孤立電子対のはたらきにより、金属錯体の配位子となり、その場合はアンミン (ammine) と呼ばれる。
シックハウス症候群とは
シックハウス症候群(シックハウスしょうこうぐん、Sick House Syndrome)は、米英での(Sick building syndrome/シックビルディング症候群)についての邦訳。建築用語・または症候のひとつ。新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良の呼び名。また、新品の自動車でも同様の症状(New car smell)が報告されており、シックカー症候群としてマスメディア等で取り上げられている。職場だけでなく住居で多くの問題があることから歯科医師の上原裕之が命名した。なお、真菌や担子菌のトリコスポロンが要因とされる夏型過敏性肺炎(summer-type hypersensitivity pneumonitis)は、シックハウス症候群とは同一ではない[1]。
ホルムアルデヒドとは
ホルムアルデヒド (formaldehyde) は有機化合物の一種で、最も簡単なアルデヒド。毒性は強い。分子式 CH2O、または COH2、示性式 HCHO。酸化メチレンとも呼ばれ、IUPAC命名法では メタナール (methanal) と表される。CAS登録番号は [50-00-0]。
トルエンとは
トルエン (toluene) は、分子式 C7H8、分子量 92.14 の芳香族炭化水素に属する有機化合物である。示性式 C6H5CH3 で表され、ベンゼンの水素原子の一つをメチル基で置換した構造を持つ。無色透明の液体で、水には極めて難溶。アルコール類、油類などをよく溶かし、溶媒として広く用いられる。常温で揮発性があり、引火性を有する。消防法による危険物(第4類第1石油類)に指定されており、一定量以上の貯蔵には消防署への届出が必要である。人体に対しては高濃度の存在下では麻酔作用がある他、毒性が強く、日本では毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。管理濃度は、20ppmである。

花粉症やシックハウス症候群、アトピーまでも!

アレルゲン対策

最近、住宅の気密性が高まり、ペットの家族化なども加わって、屋内アレルゲンが増加傾向にあります。
アレルゲンは、アトピー性皮膚炎などの原因にもなっています。

光触媒コーティングTio2では、ナノテクノロジー(超微粒子化技術)によってコロイド状の超微粒子に加工し、壁やガラスに付着させるため、花粉が付きにくく、また、シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドやトルエンなども分解し抑制するため、アトピーや花粉症に悩まされる人たちを守ることにもつながります。

そのため、アレルゲン対策として光触媒コーティングTio2を施工されることも増えてきました。

光触媒のしくみ
アレルゲンの無害化
ホルムアルデヒド99.6%分解

アレルゲンとは
アレルゲン(ドイツ語:Allergen)とは、アレルギー疾患を持っている人の抗体と特異的に反応する抗原のこと。一般には、そのアレルギー症状を引き起こす原因となるものを言うが、感作はされているが具体的な症状があるわけではない人においても、その抗体と反応する抗原もアレルゲンと呼ぶ。さらに広義には、それに対するアレルギー患者が多いなど、アレルギーの原因によくなり得る物質のこと。正確には抗体と反応してアレルギーを引き起こす物質(抗原)そのものを指すが、その抗原を含んだ物質(食品など)を指すことも多い。たとえばスギ花粉症におけるアレルゲンは Cry j 1(クリジェイワン)などの花粉に含まれるタンパク質が同定されているが、一般にはスギ花粉症のアレルゲンはスギ花粉として認識されている。アレルギー物質ともいう(とくに、上記の「アレルギーの原因によくなり得る物質」のことや、「アレルゲンを含んだ物質」の意でそう呼ばれる)。免疫反応のひとつである抗原抗体反応における抗体をアンチボディ(antibody)、抗原をアンチゲン(antigen)というが、アレルゲンとはアンチゲンとアレルギーとを合成した造語である。アレルギーという疾患(メカニズム)の提唱者であるオーストリアの小児科医フォン・ピルケーがそのように呼んだ。
アトピー性皮膚炎とは
アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語: atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症(湿疹など)を伴うもので過敏症の一種。アトピーという名前は「場所が不特定」という意味のギリシャ語「アトポス」(atopos - a=不特定、topos=場所)から由来し、1923年コカ (Arthur F. Coca) とクック (Robert A. Cooke) という学者が「遺伝的素因を持った人に現れる即時型アレルギーに基づく病気」に対して名づけた。「アトピー性皮膚炎」という言葉が医学用語として登場するのは、1933年である。アメリカ人のザルツバーガー皮膚科医が、皮膚炎と結びつけて「アトピー性皮膚炎 (atopic dermatitis)」という病名を初めて使用した。医学用語としては気管支喘息、鼻炎などの他のアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。
ナノテクノロジー(超微粒子化技術)とは
ナノテクノロジー (nanotechnology) は、物質をナノメートル (nm、1 nm = 10-9m)の領域すなわち原子や分子のスケールにおいて、自在に制御する技術のことである。ナノテクと略される。そのようなスケールで新素材を開発したり、そのようなスケールのデバイスを開発する。ナノテクノロジーは非常に範囲が広く、半導体素子を分子セルフアセンブリ法という全く新たなアプローチで製造することや、ナノスケールのナノ素材と呼ばれる新素材を開発することまで様々な技術を含む。2001年にアメリカのクリントン大統領がナノテクを国家的戦略研究目標としたことから、日本でも多くの予算が配分されるようになり、現在最も活発な科学技術研究分野のひとつとなっている。いまだに一部の新素材やコンピュータのプロセッサに応用されている程度の段階だが、将来はこの技術によりナノサイズのロボットで治療を行ったり、さらには自己増殖能を持たせて建築に利用することができるようになると予想されている。21世紀をかけて大きく発展する分野と考えられている。ナノテクノロジーの将来については議論もある。ナノテクノロジーによって様々な便利な新素材やデバイスが生まれることが期待される一方で、環境や人体への影響が懸念されている[1]。また世界経済への影響やナノマシンが制御不能となる危険性なども懸念されている。このため、ナノテクノロジーに対する特別な規制の要否についても議論が続いている。
シックハウス症候群とは
シックハウス症候群(シックハウスしょうこうぐん、Sick House Syndrome)は、米英での(Sick building syndrome/シックビルディング症候群)についての邦訳。建築用語・または症候のひとつ。新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良の呼び名。また、新品の自動車でも同様の症状(New car smell)が報告されており、シックカー症候群としてマスメディア等で取り上げられている。職場だけでなく住居で多くの問題があることから歯科医師の上原裕之が命名した。なお、真菌や担子菌のトリコスポロンが要因とされる夏型過敏性肺炎(summer-type hypersensitivity pneumonitis)は、シックハウス症候群とは同一ではない[1]。
ホルムアルデヒドとは
ホルムアルデヒド (formaldehyde) は有機化合物の一種で、最も簡単なアルデヒド。毒性は強い。分子式 CH2O、または COH2、示性式 HCHO。酸化メチレンとも呼ばれ、IUPAC命名法では メタナール (methanal) と表される。CAS登録番号は [50-00-0]。
トルエンとは
トルエン (toluene) は、分子式 C7H8、分子量 92.14 の芳香族炭化水素に属する有機化合物である。示性式 C6H5CH3 で表され、ベンゼンの水素原子の一つをメチル基で置換した構造を持つ。無色透明の液体で、水には極めて難溶。アルコール類、油類などをよく溶かし、溶媒として広く用いられる。常温で揮発性があり、引火性を有する。消防法による危険物(第4類第1石油類)に指定されており、一定量以上の貯蔵には消防署への届出が必要である。人体に対しては高濃度の存在下では麻酔作用がある他、毒性が強く、日本では毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。管理濃度は、20ppmである。

ぬるぬるヌメリも分解、汚れを寄せ付けません。

キレイが長続き

浴室やキッチンなどで細菌が原因で起こるヌメリ、このヌメリを防止するためにも光触媒コーティングTio2は有効です。

浴室の壁面や浴槽、キッチンなど、ヌメリが気になるところに、光触媒コーティングTio2で、アパタイト被覆酸化チタンの塗料を塗布すれば、アパタイトがカビや菌との親和性がよいため、空気中や水にあるカビや菌を引き寄せ、光触媒作用で殺菌します。

例えば、アパタイト被膜酸化チタンを粉末にして入浴剤と混合し、水中に入れ紫外線を照射すると、1時間程度で大腸菌のほとんどを殺菌することができるほどです。
光触媒コーティングTio2は、ヌメリだけでなく、食品の防菌、防カビにも非常に効果を発揮します。

光触媒のしくみ
99%超の抗菌・抗ウィルス力
防汚・防カビ

アパタイトとは
燐灰石(りんかいせき、apatite、アパタイト)は、リン酸塩鉱物の鉱物グループに対する一般的な名称。化学組成の違いによって多彩な色をもちいくつかの種類があり、単に燐灰石といった場合はフッ素燐灰石をさすことが多い。
カビとは
カビ(黴)とは、菌類の一部の姿を指す言葉である。あるいはそれに似た様子に見える、肉眼的に観察される微生物の集落(コロニー)の俗称でもある。

天然成分100%。二酸化チタンはチョコレートにも使用されます!

舐めても安心

光触媒コーティングTio2によって、表面にコーティングされた二酸化チタンは、空気中に漂う臭いの元や雑菌を分解します。
消臭抗菌作用がありますが、人体には安全無害なものです。

二酸化チタンは、ホワイトチョコレートや口紅、歯磨き粉などにも使用されています。
大人はもちろん、赤ちゃんやペットが舐めても大丈夫ですので安心してご利用いただけます。

また、二酸化チタンによって不活性化された細菌やカビなどは、自然な状態にまで分解するため、掃除などの作業で改めて取り除くようなことは不要です。
自然の成分で消臭と抗菌の両方が期待できる、これが光触媒コーティングTio2の最大の良さです。

光触媒のしくみ
チョコレートの原料にも使用される二酸化チタン
99%超の抗菌・抗ウィルス力
消臭・脱臭

二酸化チタンとは
酸化チタン(IV)(さんかチタン よん、英: titanium(IV) oxide)は組成式 TiO2、式量79.9の無機化合物。チタンの酸化物で、二酸化チタン(英: titanium dioxide)や、単に酸化チタン(英: titanium oxide)、およびチタニア(英: titania)とも呼ばれる。天然には金紅石(正方晶系)、鋭錐石(正方晶系)、板チタン石(斜方晶系)の主成分として産出する無色の固体で光電効果を持つ金属酸化物。屈折率はダイヤモンドよりも高い。
ホワイトチョコレートとは
ホワイトチョコレートは、砂糖、ココアバター、乳固形分で作られる菓子である。ココアバターの融点はホワイトチョコレートが室温で固体を保つには十分高く、口の中では溶ける温度である。そのため、ホワイトチョコレートは、ミルクチョコレートと似た外見を持つ。
細菌とは
真正細菌(しんせいさいきん、ラテン語:Bacteria/バクテリア、単数形:Bacterium)あるいは単に細菌(さいきん)とは、分類学上のドメインの一つ、あるいはそこに含まれる生物のことである。sn-グリセロール3-リン酸の脂肪酸エステルより構成される細胞膜を持つ原核生物と定義される。古細菌ドメイン、真核生物ドメインとともに、全生物界を三分する。真核生物と比較した場合、構造は非常に単純である。しかしながら、はるかに多様な代謝系や栄養要求性を示し、生息環境も生物圏と考えられる全ての環境に広がっている。その生物量は膨大である。腸内細菌や発酵細菌、あるいは病原細菌として人との関わりも深い。語源はギリシャ語の「小さな杖(βακτήριον)」に由来している[1]。
カビとは
カビ(黴)とは、菌類の一部の姿を指す言葉である。あるいはそれに似た様子に見える、肉眼的に観察される微生物の集落(コロニー)の俗称でもある。