国立医療機関での導入や第三者機関でも実証!

実証されている光触媒の効果

光の力で様々な雑菌・ウイルス・臭気ガスを分解・除去

光触媒のしくみ

太陽光や蛍光灯などから出る光のエネルギーにより、二酸化チタン等を触媒として、空気中の水分や酸素が反応し、強力な酸化分解力を発生させる作用のことを光触媒と言います。
酸素による酸化反応は、酸素が光触媒によって活性化され、反応性の高い活性酸素になることによって起こります。

また、二酸化チタンの光触媒には、光による強い酸化力と超親水性という二つの特徴があります。
汚れの分解、消臭、脱臭、抗菌、殺菌、有害物質の除去などは主に光酸化力により、ガラスや鏡の曇り防止や防汚は光による超親水性現象によるものです。

光触媒を使えば、中性、無色、無臭となり、人にも動物にもやさしく、赤ちゃんがいるお部屋でも安心です。

チョコレートの原料にも使用される二酸化チタン
99%超の抗菌・抗ウィルス力
臭気ガス分解性能
食中毒予防に!
防汚・防カビ
消臭・脱臭
舐めても安心

二酸化チタンとは
酸化チタン(IV)(さんかチタン よん、英: titanium(IV) oxide)は組成式 TiO2、式量79.9の無機化合物。チタンの酸化物で、二酸化チタン(英: titanium dioxide)や、単に酸化チタン(英: titanium oxide)、およびチタニア(英: titania)とも呼ばれる。天然には金紅石(正方晶系)、鋭錐石(正方晶系)、板チタン石(斜方晶系)の主成分として産出する無色の固体で光電効果を持つ金属酸化物。屈折率はダイヤモンドよりも高い。
酸素とは
酸素(さんそ、英: oxygen)は原子番号 8、原子量 16.00 の非金属元素である。元素記号は O。周期表では第16族元素(カルコゲン)および第2周期元素に属し、電気陰性度が大きいため反応性に富み、他の殆どの元素と化合物(特に酸化物)を作る。標準状態では2個の酸素原子が二重結合した無味無臭無色透明の二原子分子である酸素分子 O2 として存在する。宇宙では水素、ヘリウムに次いで3番目に多くの質量を占め[4]、ケイ素量を106としたときの比率は 2.38 × 107 である[5]。地球地殻の元素では質量が最も多く[6]47%が酸素である[1]。気体の酸素分子は大気の体積の20.95%[7]、質量で23%を占める[1]。
酸化反応とは
酸化(さんか、oxidation)とは、対象とする物質が電子を失う化学反応のこと。具体的には、物質に酸素が化合する反応、あるいは、物質が水素を奪われる反応などである。例えば、鉄がさびて酸化鉄になる場合、鉄の電子は酸素(O2)に移動しており、鉄は酸化されていることが分かる。一方、酸素は鉄から電子を奪っているため、還元されている。このように、酸化還元反応は必ず対になって生起する。目的化学物質を酸化する為に使用する試薬、原料を酸化剤と呼ぶ。ただし、反応における酸化と還元との役割は物質間で相対的である為、一般的に酸化剤と呼ぶ物質であっても、実際に酸化剤として働くかどうかは、反応させる相手の物質による。
活性酸素とは
活性酸素(かっせいさんそ、英: Reactive Oxygen Species、ROS)は、大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称である[1]。一般的にスーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4種類とされる[1]。活性酸素は、酸素分子が不対電子を捕獲することによってスーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、という順に生成する[2]。スーパーオキシドは酸素分子から生成される最初の還元体であり、他の活性酸素の前駆体であり、生体にとって重要な役割を持つ一酸化窒素と反応してその作用を消滅させる[3]。活性酸素の中でもヒドロキシルラジカルはきわめて反応性が高いラジカルであり、活性酸素による多くの生体損傷はヒドロキシルラジカルによるものとされている[4]。過酸化水素の反応性はそれほど高くなく、生体温度では安定しているが金属イオンや光により容易に分解してヒドロキシルラジカルを生成する[5]。活性酸素は1 日に細胞あたり約10 億個発生し、これに対して生体の活性酸素消去能力(抗酸化機能)が働くものの活性酸素は細胞内のDNAを損傷し,平常の生活でもDNA 損傷の数は細胞あたり一日数万から数10 万個になるがこのDNA 損傷はすぐに修復される(DNA修復)[6]。
有害物質とは
有害物質(ゆうがいぶっしつ)とは一般に、人や生態系に対して有害な化学物質を指す。また、法令などにおいて一定の定義とともに用いられる用語でもある。本項目では法令において現れる「有害物質」について解説する。

ほんのわずかな菌の存在も許されない現場で導入されています。

国立医療機関の手術室でも導入

海外では、エクアドルの国立がんセンターでも光触媒が導入されており、ほんのわずかでも細菌の存在が許されない病院の手術室のようなところで使用されています。
壁や床を光触媒でコーティングしておけば、ブラックライト(紫外光源)を照らすだけで、殺菌処理を行うことができます。
最近では、病院だけでなく、ホテルやショッピングモール、学校などにも利用され、活用の範囲が広がっています。

一度殺菌すると、1ヵ月経っても効果が持続され、消臭効果もあって喜ばれています。
トイレのような臭いのきつい場所でも80%以上の消臭効果があり、殺菌効果と合わせて重宝されています。

光触媒のしくみ
消臭・脱臭
臭気ガス分解性能
99%超の抗菌・抗ウィルス力

細菌とは
真正細菌(しんせいさいきん、ラテン語:Bacteria/バクテリア、単数形:Bacterium)あるいは単に細菌(さいきん)とは、分類学上のドメインの一つ、あるいはそこに含まれる生物のことである。sn-グリセロール3-リン酸の脂肪酸エステルより構成される細胞膜を持つ原核生物と定義される。古細菌ドメイン、真核生物ドメインとともに、全生物界を三分する。真核生物と比較した場合、構造は非常に単純である。しかしながら、はるかに多様な代謝系や栄養要求性を示し、生息環境も生物圏と考えられる全ての環境に広がっている。その生物量は膨大である。腸内細菌や発酵細菌、あるいは病原細菌として人との関わりも深い。語源はギリシャ語の「小さな杖(βακτήριον)」に由来している[1]。
ブラックライト(紫外光源)とは
ブラックライト (black light) は、わずかに眼で見える長波長の紫外線を放射するライトである。ブラックライトの光自体は人間の目にほとんど見えないが、ブラックライトを当てた物体はその中に含まれる蛍光体だけが発光するため、非破壊検査に使われるほか、視覚効果の一種としても利用される。

アトピーの原因の一つへの抗菌力も実証!

黄色ブドウ球菌99.3%分解除菌

アレルギーの一種であるアトピー性皮膚炎は、空気中のハウスダスト、カビ、ダニなどのアレルゲンを吸引することから発症すると言われています。
そして、皮膚の常在菌である黄色ブドウ球菌がアトピー性皮膚炎の増悪因子であると言われています。

これは黄色ブドウ球菌自体がアレルゲンになったり、菌が産生する毒素が炎症を悪化させるためと考えられています。
この黄色ブドウ球菌の菌数20万個が、光触媒を使った光照射フィルム密着法という抗菌性試験で、24時間後に菌数1400個に激減するという結果を出しています。
実に99.3%の分解除菌結果です。

光触媒のしくみ
アレルゲンの無害化

アレルギーとは
アレルギー(独: Allergie)とは、免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こることをいう。免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能である。語源はギリシア語のアロス(変わる)とエルゴン(力、反応)を組み合わせた造語で、疫を免れるはずの免疫反応が有害な反応に変わるという意味である[1]。アレルギーが起こる原因は解明されていないが、生活環境のほか、抗原に対する過剰な曝露、遺伝などが原因ではないかと考えられている。なお、アレルギーを引き起こす環境由来抗原を特にアレルゲンと呼ぶ。最近では先進国で患者が急増しており、日本における診療科目・標榜科のひとつとしてアレルギーを専門とするアレルギー科がある。喘息をはじめとするアレルギーの治療に関して、欧米の医師と日本の医師との認識の違いの大きさを指摘し、改善可能な点が多々残されていると主張する医師もいる[2]。
アトピー性皮膚炎とは
アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語: atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症(湿疹など)を伴うもので過敏症の一種。アトピーという名前は「場所が不特定」という意味のギリシャ語「アトポス」(atopos - a=不特定、topos=場所)から由来し、1923年コカ (Arthur F. Coca) とクック (Robert A. Cooke) という学者が「遺伝的素因を持った人に現れる即時型アレルギーに基づく病気」に対して名づけた。「アトピー性皮膚炎」という言葉が医学用語として登場するのは、1933年である。アメリカ人のザルツバーガー皮膚科医が、皮膚炎と結びつけて「アトピー性皮膚炎 (atopic dermatitis)」という病名を初めて使用した。医学用語としては気管支喘息、鼻炎などの他のアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。
ハウスダストとは
ハウスダスト(英語:house dust)とは、室内塵のことで、アレルギーを引き起こすいくつかのアレルゲンが混合したもの。ペットなどの動物やヒトの皮屑(フケ)、カビ、ダニ、および細菌などが混ざったもの。 広義であれば、読んで字のごとく室内塵そのものを指し、砂塵や繊維の屑なども含む。ハウスダストアレルギーと言った場合、その実態の多くがチリダニ(House dust mite)の仲間の虫体および糞などが細かく崩壊したものに対するアレルギーであることが多い。すなわち、ダニアレルギーとほぼ同義である。通年性のアレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルゲンとして主なものである。
カビとは
カビ(黴)とは、菌類の一部の姿を指す言葉である。あるいはそれに似た様子に見える、肉眼的に観察される微生物の集落(コロニー)の俗称でもある。
ダニとは
ダニ(壁蝨、蜱、蟎、螕)とは、節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目に属する動物の総称である。いずれも小型の生物で、体長1mm以下のものも多い。全世界で約2万種とも言われており、形態・生態ともに非常に多様性に富むことから、現在の「ダニ目」という分類群について多系統であることが示唆されているが、研究は進んでいない。
アレルゲンとは
アレルゲン(ドイツ語:Allergen)とは、アレルギー疾患を持っている人の抗体と特異的に反応する抗原のこと。一般には、そのアレルギー症状を引き起こす原因となるものを言うが、感作はされているが具体的な症状があるわけではない人においても、その抗体と反応する抗原もアレルゲンと呼ぶ。さらに広義には、それに対するアレルギー患者が多いなど、アレルギーの原因によくなり得る物質のこと。正確には抗体と反応してアレルギーを引き起こす物質(抗原)そのものを指すが、その抗原を含んだ物質(食品など)を指すことも多い。たとえばスギ花粉症におけるアレルゲンは Cry j 1(クリジェイワン)などの花粉に含まれるタンパク質が同定されているが、一般にはスギ花粉症のアレルゲンはスギ花粉として認識されている。アレルギー物質ともいう(とくに、上記の「アレルギーの原因によくなり得る物質」のことや、「アレルゲンを含んだ物質」の意でそう呼ばれる)。免疫反応のひとつである抗原抗体反応における抗体をアンチボディ(antibody)、抗原をアンチゲン(antigen)というが、アレルゲンとはアンチゲンとアレルギーとを合成した造語である。アレルギーという疾患(メカニズム)の提唱者であるオーストリアの小児科医フォン・ピルケーがそのように呼んだ。
アトピー性皮膚炎とは
アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語: atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症(湿疹など)を伴うもので過敏症の一種。アトピーという名前は「場所が不特定」という意味のギリシャ語「アトポス」(atopos - a=不特定、topos=場所)から由来し、1923年コカ (Arthur F. Coca) とクック (Robert A. Cooke) という学者が「遺伝的素因を持った人に現れる即時型アレルギーに基づく病気」に対して名づけた。「アトピー性皮膚炎」という言葉が医学用語として登場するのは、1933年である。アメリカ人のザルツバーガー皮膚科医が、皮膚炎と結びつけて「アトピー性皮膚炎 (atopic dermatitis)」という病名を初めて使用した。医学用語としては気管支喘息、鼻炎などの他のアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。
黄色ブドウ球菌とは
ヒトや動物の皮膚、消化管(腸)常在菌(腸内細菌)であるブドウ球菌の一つ。ヒトの膿瘍等の様々な表皮感染症や食中毒、また肺炎、髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌でもある。学名はStaphylococcus aureus(スタフィロコッカス・アウレウス)。属名StaphylococcusのStaphylo-は「ブドウの房状の」、coccusは「球菌」の意であり、種小名aureusは「黄金色の」を意味する(金の元素記号や、オーロラなどと同じ語源)。

シックハウス症候群の原因物質の一つ

ホルムアルデヒド99.6%分解

住宅を建てるときに使用される建材や、カーテン、じゅうたん、家具などから揮発する化学物質など様々な原因によって室内空気が汚染され、住居内で健康障害を引き起こすことをシックハウス症候群と言います。

住宅の高気密・高断熱化が進んだことも大きな原因です。
特に、建材の接着剤に多く使われてきたホルムアルデヒドは、揮発性が高く、刺激臭のある無色の気体で、目や鼻、呼吸器を刺激します。
シックハウス症候群の原因の中で最も有名なものとなっています。

光触媒は、このホルムアルデヒドを水や二酸化炭素に分解します。
濃度100%からの分解実験では、2時間後に濃度0.33%という実に99.6%の分解結果が出ています。

光触媒のしくみ

シックハウス症候群とは
シックハウス症候群(シックハウスしょうこうぐん、Sick House Syndrome)は、米英での(Sick building syndrome/シックビルディング症候群)についての邦訳。建築用語・または症候のひとつ。新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良の呼び名。また、新品の自動車でも同様の症状(New car smell)が報告されており、シックカー症候群としてマスメディア等で取り上げられている。職場だけでなく住居で多くの問題があることから歯科医師の上原裕之が命名した。なお、真菌や担子菌のトリコスポロンが要因とされる夏型過敏性肺炎(summer-type hypersensitivity pneumonitis)は、シックハウス症候群とは同一ではない[1]。
接着剤とは
接着剤(せっちゃくざい、Adhesive、Glue)は、物と物をつなぐ(接着)ために使われる物質。塗料やラミネート・シーリング材なども、片面を接着するという機能から接着剤の一種に含まれることがある。なお、日本では家庭用品品質表示法の適用対象とされており雑貨工業品品質表示規程に定めがある[1]。
ホルムアルデヒドとは
ホルムアルデヒド (formaldehyde) は有機化合物の一種で、最も簡単なアルデヒド。毒性は強い。分子式 CH2O、または COH2、示性式 HCHO。酸化メチレンとも呼ばれ、IUPAC命名法では メタナール (methanal) と表される。CAS登録番号は [50-00-0]。
二酸化炭素とは
二酸化炭素(にさんかたんそ、英: carbon dioxide)は、化学式が CO2 と表される無機化合物である。最近では、化学式から「シーオーツー」と呼ばれる事も多い。地球上で最も代表的な炭素の酸化物であり、炭素単体や有機化合物の燃焼によって容易に生じる。気体は炭酸ガス、固体はドライアイス、液体は、液体二酸化炭素、水溶液は炭酸、炭酸水と呼ばれる。多方面の産業で幅広く使われる(後述)。日本では高圧ガス保安法容器保安規則第十条により、二酸化炭素(液化炭酸ガス)の容器(ボンベ)の色は緑色と定められている。

試験で証明された驚きの消臭効果

アンモニア99.8%分解

無色の気体で強い刺激臭を持つアンモニア、このアンモニアも光触媒で分解できます。

一定濃度のアンモニアを光触媒に連続的に導入した実験では、導入直後の除去率が非常に高く、ほぼ100%の結果を示しています。
アンモニアの濃度100%の中に、光触媒を散布した実験では、約2時間後に濃度が0.2%となり、何とアンモニアを99.8%分解したという結果が出ています。

その後、時間経過とともに低下し最終的には30%程度の除去率に落ち着きましたが、これは光触媒を定期的に散布することで解決できる問題です。
トイレを中心に、臭いが強い場所での光触媒コーティングのご利用をお勧めします。

光触媒のしくみ
臭気ガス分解性能
消臭・脱臭

刺激臭とは
刺激臭(しげきしゅう)とは、鼻を刺すようなツンとくるにおいのことである。刺激臭は通常の嗅覚刺激のように嗅細胞によって感知されるのではない。刺激臭は鼻腔内の三叉神経への刺激である。すなわち、感知の機構的には痛覚に近いものである。そのため、嗅覚が失われた嗅盲の人であっても三叉神経が正常であれば感じとることが可能である。このように鼻腔の三叉神経はにおい感覚の一部を担っているため、副嗅覚系と称されることがある。他のにおいでは似た構造の分子は似たにおいを持つという傾向がある程度見られるのに対し、刺激臭を持つ物質には構造上の類似はほとんどない。粘膜を傷つける性質の物質ならどんな物質でも、鼻腔内で粘膜を傷つけるのに充分な濃度になれば三叉神経を刺激し、刺激臭を感じさせるからである。したがって粘膜を侵すような性質の気体、揮発性液体の多くが刺激臭を示す。アンモニアなどの臭いがよく刺激臭といわれる。
アンモニアとは
アンモニア (ammonia) は分子式が NH3 で表される無機化合物。常温常圧では無色の気体で、特有の強い刺激臭を持つ。水に良く溶けるため、水溶液(アンモニア水)として使用されることも多い。化学工業では最も基礎的な窒素源としてきわめて重要。塩基の程度は水酸化ナトリウムより弱い。窒素原子上の孤立電子対のはたらきにより、金属錯体の配位子となり、その場合はアンミン (ammine) と呼ばれる。